がん治療の総合コーディネーター

2人に1人が癌になる時代

現代、人ががんになるのは当たり前の
時代になりました。

がんについて調べられている方なら既にご存知の通り、1981年以降、がんの死亡者数は増加し続け、事故や自殺を除き全年代で死亡原因のトップを占めています。

今や2人に1人ががんになり、
3人に1人ががんで亡くなっています。

国立がんセンターの予測では年間98万人ががんを患い、そのうちの37万人が死亡するだろうと言われているのです。(※1)

(※1)国立研究開発法人 国立がん研究センター発表

自分に合ったがん治療は出来ていますか?

では、がんと診断された全ての患者様が、自分に合った最適な治療法を選択できているでしょうか。
答えはNOです。

がんと宣告されると2週間ぐらいはショックでパニックになり、正常な判断が出来ないと言われています。
しかし、多くの患者様はがんと宣告されてから2週間以内に医師に勧められるがままに手術や抗がん剤などの治療を始めているとのデータもあります。

医師が勧める治療は診療ガイドラインによってマニュアル化されています。
医師は個々の患者様を考える訳では なく、一律の治療を行うことになっています。

これは、日本全国で同レベルの治療を受けることが出来るというメリットがあるものの、行った治療の中には必要のない治療が含まれている可能性も多くあります。
その治療には命に関わる重大な副作用があるにも関わらずです。

でも、他の病院にセカンドオピニオンに訪れても、その病院においても同じ診療ガイドラインというマニュアルを見ているので、同じような治療を勧められます。有名な大きい病院に行っても、小さいクリニックに行っても同じことです。
これは、国や学会が勧めた治療方法を選ぶと、結果がどうであれ、医師が訴えられないという医師側の都合も大きいのです。

そして、そのガイドラインに載っている治療方法は、数多くある治療方法の中で保険診療によるものだけなのです。
夢の治療と呼ばれている重粒子線や免疫療法、遺伝子医療のような最先端の治療方法は含まれていません。

そういった弊害をなくす為にも
弊社のようながんの専門のコンサルタントがいるのです

あなた専用の治療を受けられているか

あなたは自信を持って、自分に合った治療をしてもらっている、と言えるでしょうか。

あなたががんと診断されてから、もし今でもまだがんが進行しているのであれば、あなたに合っていない治療法を行なっている可能性があります。

あなたに合っていない治療法を続けた場合・・・

最悪の場合を考えなければいけません。その答えが実際に死亡数という数字に表れています。
がんと診断された3人に1人が亡くなっている。これは紛れも無い事実なのです。

日本最大級のがん医療コーディネーター会社

がんは恐ろしい病気だと思われているでしょう。
しかし、ご安心下さい。

我々株式会社がんメディカルサービスには、全国からがん医療コーディネーターが集結し、数多く存在するがん治療法の中からあなたに合った治療法を選択します。

繰り返しお伝えしますが、あなた専用に組まれた治療を受けなければ、がんは治りません。

我々もあなたのがんと闘います。

一人ひとりの症状に合わせて、数多くのがん治療の中から最適な治療法を組み合わせ、徹底的にがん細胞と闘います。
我々と提携する医師と連携を取り、総合的にあなたに合った治療法をご提案します。

まずはあなたがどんな症状を抱え、どのようにがんと闘っているのか教えて下さい。 相談料は一切かかりませんのでご安心下さい。

まずはあなたのがんを知ることから、本当のがん治療がスタートするのです。